Recruit

ハムさん

スタッフインタビュー

清水 莉佳

デザイン制作部
アシスタントディレクター
>> グラフィックデザイン 制作実績ページを見る

清水 莉佳
どのような仕事をしていますか?
玩具のパッケージデザインやイラストといった制作物のディレクションやアシスタント業務を行なっています。
また、デザイン制作部の情報をお届けするメールマガジンの配信等、営業企画も行なっています。
メールマガジンのバックナンバーは、当サイト「会社案内」欄にございますので、よろしければご覧ください!
>> メールマガジンのバックナンバーを見る
仕事をする上で大切にしていることは?
クライアントさんに「頼んでよかったなあ」と喜んでいただけるように、ご希望にプラスアルファでお応えできるよう考えを巡らせることです。
また、私は外部のクリエイターさんにお願いした制作物のディレクションをやらせていただくことが多いため、クリエイターさんに迷いなく制作していただき、余計な負担がクリエイターさんにかからないよう、円滑でわかりやすい制作進行を心がけています。
この業界に入った理由は?
クリエイターの方々が、適切な価格と環境でお仕事を万全にできるようにサポートをするようなお仕事がしたいという思いが学生時代から強くあったからです。
そのため、工画堂スタジオのクリエイターズ・ハブ事業に強く心を惹かれました。
職場の方たちはどんな人?
とても素敵なクリエイティブスキルとアイデアをお持ちの方ばかりで、大変勉強になります。
また、自分の好きなものも他人の好きなものも尊重している方が多い印象があります。
そして、新人の意見も積極的に聞いてくださったり、質問した時に細かな部分まで丁寧に教えてくださるお優しい方ばかりなので、毎日安心してお仕事をすることができております。
出社した時によくしていただいている雑談も、ひそかな楽しみの一つです。自分が知らなかったものの魅力を知ることができたり、お仕事のヒントになることもあります。
清水 莉佳
工画堂スタジオでの思い出深いエピソードは?
幼少期に大好きでたまらなかった玩具のデザインをしていたのが上司だったことです。
心の中の幼少期の自分と一緒にひっくり返りそうになりました。
また、初めて担当したコンテンツのファンの方と偶然お話できたことも強く印象に残っています。
自分が携わらせていただいた箇所が確かにファンの方に届いて喜んでいただけていたのだな、と実感することができて、嬉しさと同時に背筋が伸びる思いでした。これからも頑張ります!
休日の過ごし方は?
絵本や小説、音楽・ゲームなど、物語性のあるものに触れたり空想することが大好きなのですが、休日は特に漫画を描いたり読んだりしていることが多いです。
また、好きなコンテンツやアーティストのイベントやライブにもよく足を運んでいます。
仕事をするうえでの目標は?
クライアントさんのご要望にお応えするために幅広いご提案ができるよう、柔軟に対応できるマルチスキルを身につけたいと考えています。
そのために、自分自身で対応できることをもっと増やしながら、様々な方々と連携をとれるように知識と人脈を増やしていきたいです。
今後どんなことをしていきたいですか?
それぞれのクリエイターさんに最適な案件をお繋ぎできるよう、知識と人脈を増やしていきたいと思っております。
また、弊社がお手伝いできることの幅広さについて、まだお付き合いのない他業界の方々にもお伝えできるように、活動範囲を広げていきたいです。
デザイン制作部の有志のメンバーでコウガドウ雑画店(ザッカテン)という活動をしています!
メルマガやSNSにて、活動内容や工画堂での出来事を発信しています。
ぜひ遊びにきてください!
コウガドウ雑画店